最良の牛乳から始まる、最良のチーズ造り



2009年から2010年にかけて行われた当社の乳牛飼育設備の拡大・改築は、近年とくに注目されるようになった「動物の幸福度」という尺度から着想を得て、牛たちが健康を維持できる十分なスペースの確保を第一に考えて実践されました。

また、遺伝学には常に着目し、「Afimilk」という乳牛管理のための情報システムを通じて新たなテクノロジーを駆使、それによって原料となる牛乳の品質向上に大きな効果が得られています。



エコロジーへの関心



近年当社は2メガワット/hの電力発電用のバイオガス・プラントを実現しました。この数値を年間発電量に換算すると1600万ワット、つまり標準家庭で消費される電力の約4500世帯分に相当します。

牛の排泄物の嫌気性微生物分解プロセスによりメタンガスが発生し、その燃焼によって電力に変換されるのです。

乳牛飼育設備

乳牛飼育設備

Home

企業紹介

製造プロセス

製品紹介

アウトレット販売

サプライ・チェーン

Contacts

乳牛飼育設備

AzJ.html
FiJ.html
PrJ.html
ProJ.html
CoJ.html
SpJ.html
MeJ.html